新潟日報(平成28年3月29日朝刊)に
「ブラインドメイク」が掲載されました。


平成28年3月29日 新潟日報 朝刊

新潟市北区島見町の新潟医療福祉大の学生が24日、視覚障害のある人向けの化粧法「ブラインドメイク」を学んだ。
将来、化粧法を視覚障害がある人に伝え、生活の質向上に貢献したいとの思いを強くしていた。

講座は同大学 医療技術学部の視機能科学科が主催し、視能訓練士などを目指す同学科の学生ら約10人が参加した。

視覚障害のある岩崎深雪さん(71)=東区在住=が化粧を実演し、岩崎さんの同行援護従業者でブラインドメイク講師の若槻裕子さん(63)が解説した。

ブラインドメイクは基本的に手や指先を使う。
岩崎さんは乳液を混ぜたリキッドファンデーションを、両手で顔を抑えるようにして塗った。

マスカラをまつげに塗る際は、液が皮膚に付くのを防ぐため、まぶたと目の下にサージカルテープを貼って塗った。
約20分でメイクは完成した。

2年の大滝千智さん(20)は「化粧をすることで、視覚障害のある人も普段の生活を楽しく変えられると分かった」と話していた。


新潟日報 平成28年3月29日朝刊掲載画像

新潟日報 平成28年3月29日朝刊掲載画像