「安藤 伸朗」先生からのメッセージ


「安藤 伸朗」先生の写真

「安藤 伸朗」先生の写真


ブラインドメイクの勧め

視覚リハビリテーションあるいはロービジョンケアと聞いて、どんなことを思い浮かべますか?たいていの場合、視覚に関する障害を持った方が、日常の生活を行えるようにするため努力や忍耐が必要とする訓練をイメージするのではないでしょうか?

ブラインドメイクは、全然違うのです。自ら美しくなりたいという女性本来の欲求を満たす術なのです。参加する方々は、それこそ生き生きとしています。ご本人が美しく変身するばかりではなく周囲の人も明るくするのです。魔法と言っても過言ではありません。

視覚に障害があってもブラインドメイクを会得して美しくなれるというのは、単に見かけの問題ではありません。ご本人の尊厳の問題なのです。

ブラインドメイクは、ご本人の表情を生き生きとさせます。周囲の人間をも明るく変えます。何よりもご本人がプライドを持って人生を歩むことになる、とてもとても大事な術なのです。

済生会新潟第二病院眼科
眼科部長 安藤 伸朗


「講演のご案内」
案内 第240回(16-02)済生会新潟第二病院眼科勉強会 若槻/岩崎
演題:「ブラインドメイク 実践と体験」
日時:平成28年02月17日(水)16:30~18:00
場所:済生会新潟第二病院眼科外来
演題1:「女性にとって、お化粧とは何でしょう?」
講師 若槻 裕子(新潟市;日本ケアメイト協会 講師)
演題2:「私の化粧(フルメーキャップ)の自己実現」
-ブラインドメイクの出会いから1年ー
講師 岩崎 深雪(新潟市;盲導犬ユーザー)
(詳細はこちらのリンクから移動後確認できます。)