日本ケアメイク協会

理事長挨拶

日本ケアメイク協会 理事長 大石 華法

一般社団法人日本ケアメイク協会
理事長 大石 華法

近年、化粧は、美しさを追求するための美容ツールのみではなく、高齢の方・認知症の方・障がいのある方・疾病のある方などの福祉領域の対象の方に向けた研究において、医学的効果や社会的効果が確認されたことから、ケアツールの一つとしても認識されるようになっており、日本の医療・美容・福祉に貢献しています。

しかし、化粧にはこうした“ケア”としての効果があるにも関わらず、化粧を重要なケアの役割を果たすものとして位置づけ、その要素を取り入れた教育プログラムや、これを運用するための指導者を養成するプログラムが確立されていないために、既存の化粧と化粧技術を提供しているに留まっています。

今後は、対象の方への理解を深め、これまでの研究成果を取り入れた化粧をケアとして実りあるサービスに発展させる必要があり、対象の方個々のADLやIADLの把握や家族への配慮も含め、化粧に関するケアをサポートや接客マナーとして取り入れた新しい“ケアメイク”の教育制度を確立していかなければならないと考えました。

本協会は、2010年10月10日に発足して以来、障がい、疾病、加齢、認知症などにより、化粧をしなくなった、できなくなった、あきらめた方々に、再び「美しくありたい」という希望を持って、その方らしく生きていただけるように、化粧をケアツールとして活用する“ケアメイク”の活動を行ってまいりましたが、この活動をさらに加速して推進するため、2016年12月5日に「一般社団法人日本ケアメイク協会」を設立いたしました。

本協会設立は、すべての人々が実践できるケアメイクのモデルを確立し、これを広く普及することにより、医療、美容、社会福祉の増進に寄与することを目的としています。

また、本協会は、公益財団法人を目指した活動をするため、公益性の高い活動をして参りたい所存です。今後とも何卒、よろしくお願い申し上げます。

設立日:2016年12月5日
一般社団法人日本ケアメイク協会
理事長 大石 華法


学会発表歴等・大石華法

第22回 日本顔学会大会(フォーラム顔学 2017)
2017年9月9日(土)~10日(日)
口頭発表6,「顔の装い」9月10日(日)
座長: 瀬尾 昌孝(立命館大学),橋本 翔(関西学院大学)
O6-3 カバーメイクをした対象者の意識調査研究
フォーラム顔学 2017 公式サイト

第12回 国際ロービジョン学会(Vision2017)inオランダ
2017年6月25日~29日
Abstract Title:
「 Research on the results of applying the technique of full makeup for women with low vision 」
レポートページ

第16回 学術集会 日本美容福祉学会誌 P.49~P.58
学術論文「ブラインドメイク・プログラム」の制度化に向けた多面的評価研究」

第21回 日本顔学会大会(フォーラム顔学2016)
2016年11月19日(土)~20日(日)
口頭発表1,「顔の文化」
視覚障害者の「ブラインドメイク」の検証研究

第16回 日本美容福祉学会学術集会
2016年11月1日
「医療の診療報酬につながったブラインドメイクの2事例の報告」

日本社会福祉学会 第64回 秋季大会
2016年9月11日
先天性全盲女性を対象としたブラインドメイクによる意識調査研究
― 化粧援助技術指導者による訓練過程の1事例から ―

世界社会福祉大会in韓国
2016年6月27日~30日
「 Family Support for Self-realization of the Visually Impaired Woman with Hereditary Blindness in a “Blind Makeup Lesson Program”」
(公式サイトへはこちらのリンクから移動できます)

第9回 学術サロン
2016年4月23日
「視覚障碍者女性のブラインドメイク・プログラム受講による自己実現とそのための家族のサポート」研究発表

第15回 日本美容福祉学会学術集会
2015年11月10日
ロービジョン検査判断材料としてのブラインドメイクの検討
-福祉から医療の領域拡大の可能性について-

第63回 日本社会福祉学会 秋季学術発表
2015年9月19日~20日
視覚障害者女性の「自分で化粧したい」を支える家族支援の事例研究
-先天性全盲者による「ブラインドメイク・プログラム」参加の意義から-

第43回 日本職業リハビリテーション東京大会
2015年8月22日~23日
「ブラインドメイク・プログラム」の検証研究
―視覚障害者女性の就労を支える化粧の自己実現―

第24回 視覚障害リハビリテーション研究発表大会
2015年6月27日~28日
ブラインドメイクの審美性についての研究
―理美容専門学校生のアンケート調査から-

第14回 日本美容福祉学会学術集会
2014年11月3日
視覚障害者の化粧支援プログラム「ブラインドメイク」の検証

日本福祉大学大学院社会福祉学部 修士論文2014年
視覚障害者の「ブラインドメイク」の普及に関する実践的研究
-当事者・福祉関係者・医療関係者・美容関係者の意識調査から-

第15回 日本ロービジョン学会学術総会
2014年11月1日~3日
「ブラインドメイク」の検証研究
-視覚障害者に向けた化粧の自己実現プログラム-

第23回 視覚障害リハビリテーション研究発表大会
2014年7月19日~20日
「ブラインドメイク・プログラム」が当事者と家族に及ぼした有効性
-女性視覚障害者の体験に基づいた一考察-

第22回 視覚障害リハビリテーション研究発表大会
2013年6月22日~23日
視覚障害者に対する化粧療法の可能性
―社会復帰に有効にはたらいた一例―

第20回 日本精神障害者リハビリテーション学会
2012年11月16日~18日
化粧療法は精神障害者にどう影響を与えるか

第21回 視覚障害リハビリテーション研究発表大会
2012年6月16日~17日
ケアメイク -視覚障害者の女性へのメイク施術・レッスンに関する報告-


所属学会・大石華法

日本ロービジョン学会
視覚障害者リハビリテーション学会
日本社会福祉学会
日本抗加齢医学会
日本香粧品学会
日本顔学会
日本美容福祉学会
日本コミュニケーション学会
日本職業リハビリテーション学会
日本精神障害者リハビリテーション学会