「若槻 裕子」先生の講演のお知らせ
(詳細)


「若槻 裕子」先生の講演のお知らせ

講演日時 平成28年2月17日(水曜日)16時から18時
場所   済生会新潟第二病院
演題   「女性にとって”化粧”とは何でしょう?」
抄録
女性にとって“化粧”とは何でしょう?

若槻裕子先生の講演の様子(撮影日平成28年2月17日)

若槻裕子先生の講演の様子(撮影日平成28年2月17日)

街を歩いていて視覚障害の女性でお化粧をしている女性を見かける事がほとんどない。その理由は、視覚に障害があることから、「口紅がはみ出していないか?」「色が濃すぎていないか?」「眉毛は変な形になっていないか?」などの不安要素が頭をよぎり、「いっそのことお化粧をしないほうが楽よね」と考えてお化粧をしなくなったのではないでしょうか?

2015 年 2 月、同会場でブラインドメイクの一人者の大石華法先生と運命的な出会いがありました。そこには、視覚障害の女性が鏡を使わずに、一人で、誰の手も借りず、お化粧する姿が目に入りました。化粧道具は両手指と刷毛が 1 本で、美しく、そして綺麗にフルメイクが仕上がっていく様子を初めて見ました。あまりの感動に鳥肌が立ちました。

私は介護職員として又同行援護に携わる者として、ブラインドメイクは視覚障害の方に役立てることができると思い、翌月から大阪の大石先生のもとへ通うようになり、早 1 年が経ちました。そこで感じたことは「お化粧をしたい!」との声を多く聞くことで、視覚障害の女性も私と同じ「女性」であり「綺麗になりたい」「綺麗でありたい」という想いは同じであるということです。“視覚障害の女性”ではなく、“ひとりの女性”であることを忘れてはならないということです。

「女性ですもの」どの女性にも綺麗になる権利があると思います。女性にとっての“化粧”とは、単に顔を美しく綺麗に演出するだけのものではなく、内面からも美しく綺麗になり、自信という強い武器を持つこと。そして、それは障害が有る無しに関わらず“ひとりの女性”である以上、同じということです。


補足 「若槻 裕子」先生は当協会の「メーキャップ・アシスタント講座」の講師です。